ネットショップ

商品企画にはGoogle Trend(グーグルトレンド)を使いこなそう!

みなさんGoogleTrendをご存知でしょうか。Googleの検索トレンドを調べる事ができる無料ツールで、登録不要でいつでもどこでも使う事が出来ます。

今回はそのGoogleトレンドを使用して、商品の企画に役立てようというお話です。

Googleトレンドとは

世界で検索されたデータを時系列で調査ができるツールで、2006年から公開されています。

一般的に新事業やブログのネタ、イベント企画などの際に世の中でどのようなワードが検索されているかを調べる際に使用されています。

ところがこのGoogleTrend、新商品の企画にも非常に役に立つのです。1つわかりやすい例を出しましょう。

一時期流行ったガウチョパンツですが、キーワード的には下降線である事がわかります。そして次に今年のトレンドであるグレンチェックを見てみましょう。

8月の中旬あたりから急上昇をしていますね。ワード的には下降気味のガウチョパンツですが、この急上昇ワード組み合わせるとどうなるかがこちら。

楽天市場レディースファッションランキングにおいても10位にランクインしていました。このように下火とは言え、一旦定着したジャンルに新しいトレンドを付加する事でランキング入りするような商品にすることができます。

トレンドと言われても本当に流行るかはわからない

毎年出てくる流行カラーや形状などを元に各ブランドやメーカーは商品を考えていますが、実際にそれが一般庶民に広まるとは限りません。そこでこのGoogleTrendを利用して、キーワードの波をチェックする事が必要となってきます。

さらに楽天市場はコンサバ的な層が多いため、トレンドワードを少しちりばめた程度の定番アイテムが受けると思います。

スポンサーリンク

形状などの比較をするとわかりやすい

GoogleTrendはこのように複数のワードを比較する事も出来ます。グラフをみてもわかるようにリュックの需要がまだまだ伸びて行く事が見て取れますね。

急激なトレンドを掴むことは難しいかもしれませんが、こうした大きく長期的な動向を知っているだけでもだいぶ違うと思います。

噂ではなくデータを信じよう

「とあるファッションリーダーが言ってた!」とか「カリスマMDが言ってた!」という情報は無意味ではありませんが、必ずデータで精査する必要があります。楽天市場のランキングなどもそうですし、キーワードのトレンドとミックスして計画を立てる事をお勧めします。

例えばランキング入りしているアイテムの商品名の部分に様々なキーワードが入っていますが、それを実際にGoogleTrendで調べてみるのも良いでしょう。

応用編:コトからモノを作る

今年話題になったナイトプール、何故流行したかというとインスタグラム映えするからです。ほとんど泳ぐ人はおらずスマホで写真ばかり撮っているので、泳ぐ事には適していなくてもインスタ映えするナイトプールに特化した水着などがあれば売れたのでは無いでしょうか。というか来シーズンは出回りそうですねw

このようにGoogleTrendを常にチェックする事で、流行したコトに紐づけたアイテムを企画する事ができます。

まとめ:まずは気軽に眺めるとこから始めよう

数値の見方や難しい事は知る必要はありません。単純に期間の設定さえ出来れば、後は波を眺めるだけでも良いでしょう。

通勤電車の中や、ちょっと空いた時間にGoogleTrendで検索する事を心がけましょう。最後にリンクを貼っておきますのでまずはアクセスを、それではまた。

GoogleTrend(グーグルトレンド)

スポンサーリンク

ABOUT ME
中村 たいぞー
このブログは現在もレディースファッション通販サイトの運営責任者を務める私の実体験や思うことを記録した日記です。 個人でECサイトのサポートもさせていただいております。 ご質問についてはメールを頂ければ極力お答えしていきます。