ネットショップ現役店長のブログ

こんなに世の中はeコマースを推しているのに儲からない。ネットショップ運営歴14年の経験を活かしネットショップの難しさや集客など最新情報をお届けします。たまに雑記もあります。

IT インターネット コンテンツマーケティング 集客

ホームページやブログを使ったWEB(ウェブ)サイト集客方法「入門編」



今や必要不可欠と言えるWEBを使った集客ですが、非常に多岐にわたっていてどれから手をつければ良いかお悩みの方も多いのでは無いでしょうか。

自社製品の認知度を上げたい方、お店の宣伝をしたい方、ホームページに集客したい方など状況は様々だと思います。

しかしホームページやブログなど、言葉が先行していてしっかりと理解しないまま進めている方もいらっしゃる事でしょう。

そこで今回はまず言葉の意味を理解し、正しい戦略が立てられるよう初歩的な部分から説明したいと思います。

スポンサーリンク

ホームページとは

本来ホームページとはウェブサイトのトップページや、そのサイト自体の総称として使われる事が主です。

つまりこのブログもホームページなのです。

その他Facebook等のSNSにおいてもホームページと言えますし、実際Facebookやインスタグラムだけで集客をしているショップもあります。

つまりWEB集客に必要なのは種類は違えどいずれかのホームページという事になり、まずこのホームページという言葉の意味を理解した上で集客について考えていきましょう。

ホームページの種類

このようにホームページという大枠の中に色々な種類があるという事がわかりましたが、集客力を既に備えたものなど様々です。

そこでそれぞれのホームページの特徴を見ていきましょう。

掘り下げれば種類は豊富なのですが、ここでは初心者向けのものだけ紹介しています。

コーポレートサイト

一般企業や店舗が持つトップページ、会社概要、製品紹介などを紹介した一般的なホームページです。

既に企業名や製品などが認知を得ている場合に設置している事が主で、新規開拓をするためには別途集客活動が必要となります。

ブログ

一般的にコーポレートサイトや店舗サイトに併設して運用されている事が主でしたが、ブログは運用次第で非常に強力で永続的な集客源となりえるようになりました。

そのため通常のサイトを持たずに、ブログのみをホームページとして運用する法人個人が急増しています。

SNSサイト

FacebookやTwitter、Instagramなど様々ですが、これらを複数活用して集客しているショップ等はよく見かけます。

こちらも独自に集客力を持っていますので、各方面で活用されています。

SNSを毛嫌いする層にアプローチできなくなってしまうため、主にブログやコーポレートサイトと併用して運用される事が多いです。

 

では次に集客についてみていきましょう。

スポンサーリンク

WEB集客の種類

ホームページへの集客方法として考えられるのは以下のようなものになります。

広告出稿

雑誌やフリーペーパー、テレビやラジオにWEB広告などにお金を払い紹介してもらう方法です。

しかしながら最近は各媒体の広告効果が低下していて、広告に頼っている形では事業の継続が難しくなってきています。

チラシ

美容室や飲食店などが対象顧客の行動範囲でチラシを配布する方法です。チラシのQRコードや、「〇〇で検索!」等の文言からホームページに訪れてもらい、さらに多くの情報を提供する事が可能になります。

検索流入

現在最重要といっても良いのがこの検索流入です。

人は目的をもって検索するわけですから、その結果に自社製品や店舗がマッチした形で表示されていれば成果につながる可能性は非常に高くなります。

ただしこの検索結果についてはSEO対策と言われる検索エンジンに上位表示してもらうための施策が必要となり、ホームページをポンと用意しただけでは不可能です。

その代わり適切に対応ができ、検索結果の上位表示がなされた場合には広告費用を払わずして集客が可能となります。

 

このように集客方法は様々ですが、チラシや広告は一過性のものです。しかしホームページが検索結果の上位に表示されていれば永続的に集客が可能となりますので、上位表示されやすいサイト作りが必要となります。

そこで現在検索に強いホームページとして注目されているのがWordPress(ワードプレス)を使ったブログです。

スポンサーリンク

検索に強いWordPress(ワードプレス)

もし現在アメブロはてなブログなどの無料ブログで運用している人は、即座にワードプレスへの移行をお勧めします。

商用利用禁止のサイトが多いというのもありますが、これらは検索結果に弱いだけではなくアカウント凍結削除の可能性があると言う事です。

ブログを使って集客が可能になるまでは非常に長い期間が必要で、成果がでるのに半年から1年かかります。

運用歴が長ければ長いほど成果も伸びていきますので、もはや資産といっても過言では無いのです。

そのような血と汗と涙の結晶であるブログのアカウント管理が他人に握られているという事ほど恐ろしいものはありません。

本気でやるなら即座にワードプレスに移行しましょう。

関連記事:実は簡単!WordPress(ワードプレス)誰でもわかる初心者講座

関連記事:在宅でネットショップを始めるなら、まずは正しくブログをやるべし

WordPress(ワードプレス)とは

詳しくは上記の関連記事を読んで頂きたいのですが、簡単に説明するとブログを書くためのソフトです。

ホームページを設置するために借りるレンタルサーバーや、自社管理のWEBサーバーにインストールする事でアメブロのように簡単にブログを書く事ができます。

そしてこのワードプレスで書いた内容はGoogle(グーグル)の検索エンジンがよく好んでいて上位表示がなされやすいのです。

かくいうこのブログもワードプレスで書いています。

固定ページで会社概要を作る事も可能

もちろんブログと言ってもお店や製品を紹介する固定のページを作成する事も可能ですし、そこに地図や連絡先を記載すれば従来のホームページは不要です。

SNSとの連携も可能

プラグインというオプションがたくさんあり、その中にSNSと連携が可能となるものがたくさんあります。

それを使えばブログの投稿と同時にSNSへの投稿も可能になりますし、中には過去の記事をランダムにSNSに投稿する機能があるものもあります。

 

このようにワードプレスを使えばHTMLなど特別な知識がなくとも、集客力のあるホームページを作成する事が可能となるのです。

まとめ:WEB集客はワードプレス無くして語れない

いかがでしたでしょうか、ブログやSNSも立派なホームページです。

WEB制作会社に高いお金を払ってホームページを作ってもらっても集客力が無ければ意味がありません。

まずはワードプレスでブログを書く事から始め、ゆくゆくデザイン面にお金をかければよいのではないでしょうか。

ではまた。

スポンサーリンク

-IT, インターネット, コンテンツマーケティング, 集客
-,

↑ Back To Top ↑